望む未来のために

自分軸と根っこを発見する!

コーチ梶ヒロユキです。

 

先日、部下を持つ管理職の方から

「部下育成で悩んでいます」

と質問をいただきましたので

ブログで回答させていただきます。

 

部下育成で重要なことの一つに

褒めるということがあります。

 

これ、なかなか苦手な方が多いみたいです。

叱ることは得意だけど、褒める事って

なかなかやった事ないので…。

そうなんです。

日本人って褒めることが

下手な人が多いみたいですので

アメリカの大学で心理学を教えている

教授で実験をした事例をご紹介いたします。

褒めかたで人の成長は変わるのか?

実は褒め方で

驚くような結果がでたそうです。

クラスをA、B二つに分けて

ある期間、

Aクラスにはテストの結果が

合格点に達した時に

「頭がいいね」

とず~っと

言い続けました。

同じくBクラスには

テストの合格点に達した時に

「よく頑張ったね」

と言い続けたのです。

その結果、

「頭がいいね」

と言われた生徒は

この現状を守ろうとして、

成績はそれ以上

上がりませんでした。

もう一方の

「よく頑張ったね」

と言われた生徒は

現状よりも30%も

成績が上がったそうなんです。

頑張ったねと

言われた生徒は

もっと頑張ろうとして

どんどん成長しましたが、

「頭いいね」

と言われた生徒はそれ以上、

挑戦しようとはしなかったそうです。

しかし、

よく考えてみると

「頭がいいね」とは

その能力に対して褒めていて、
その生徒に焦点はあたっていません。

一方で

「よく頑張ったね」

は生徒自身のことなので、

生徒はとても嬉しく

感じていました。

人は結果よりも

プロセスを褒められると

もっと頑張ろうとします。

この違いは

些細なことのように見えて

とても大きな違いなんです。

結果だけを褒められても

結果には色んな要素が

含まれているので、

単純に喜べないことも

あるんですよね。

例えば、

○×の選択問題が

たまたま当たったかも

しれませんしね。

でも、

プロセスを褒められるのは

普段からきちんと自分のことを

見てくれていると思うので、

頑張っちゃいますよね。

人を褒める時は

「よく頑張ったね」と

言ってみてください。

言い続けることで

成長の度合いが変わってきますから!

 

 

⭐️自分の根っこを見つけて”やりたい”を実現する方法!

1、本当の自分を知るために
2、自分だけが知っている心の内側
3、ワクワクする時が自分らしい時
4、自分が大切にしているものを理解する
5、あなたしかない「自分軸」を手にいれる!

詳細&ご登録はこちらから!

ぜひ、無料の5つのステップメールのワークをやってみてください。

北海道、仙台、群馬、栃木、茨城、長野、神奈川、東京、

埼玉、千葉、岐阜、京都、和歌山、岡山、福岡、長崎、

香川、大阪、愛知、兵庫、福井、新潟、長野、

インドネシア、マレーシア、ニューヨーク、オランダ、

アフリカなど、多方面の方からコーチングのご依頼をいただいております。

ランキングに参加しています。

1クリックしていただけたらすごく嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ

=====================================

⭐️《コーチング受付開始!》

コーチングのお問い合わせ&お申し込みはこちらから!

※コーチングをご検討いただくためのものですので、

相互コーチングやひやかしなどは真剣な方への

ご迷惑になりますのでご遠慮いただいております。

◾️コーチングのお問い合わせはこちらからクリック願います!

◾️アメブロ:本当の魅力の見つけ方!

◾️梶のインスタはこちら!
=====================================