MIYA160131480493_TP_V

 

望む未来へ向かうための

軸と根っこを発見する!

専門コーチ梶ヒロユキです。

 

成功したい、やりたい仕事で

結果を出したい、と

頑張っている方に向けて

ある魚屋さんの大将の仕事について

をお話ししたいと思います。

作業と仕事の違いについてですが、

魚屋さんの社長が

「目の前のことをやるのは作業で

目の前の半歩先のことを考えて

やるのが仕事」

だと、おっしゃっていました。

私自身、身にしみる思いで聞いていました(苦笑)。

魚屋さんの社長は、

仕入れからお店が閉じるまで、

魚を買ったお客さんの

食べる顔をイメージしながら

仕事をするそうです。

例えば、

女性がご飯を作る時、

子供の喜ぶ顔を想像したり、

あるいは、

夫、恋人、仲の良い友達、家族の喜ぶ顔を

想像しながら作るのとそうではないのとでは、

楽しみ方、力の入れ方、味までも

違ってきます。

毎日、ご飯を作るのって大変だと思いますが、

その先の誰かの笑顔があるからこそ、

作ることを続けられるのではないでしょうか。

そして、

作業と仕事には

自発的なのか、

受動的なのか

の違いもあります。

シンプルに言うと

やっているか、やらされているのか、です。

1日にたった10分でも

自発的に仕事に取り組めば

1ヶ月(約20日)で200分、

1年間で2400分=40時間の

違いがでてきます。

40時間自発的に仕事をする人と

作業をする人ではこんなにも

大きな違いになります。

1日たった10分で、ですよ。

でも、

多くの人はこの10分の意識を

知らず知らずのうちに

無意識に作業をしてしまっているのです。

まあ〜、忘れてしまうんですよね。

そして、

またいつもの日常に戻り

作業を続けています。

「仕事」で結果を出したい

成果を上げるためには

「想い」

がとても大切になるのです。

誰のために、

何のためにという

「想い」

持っていなければ

仕事からすぐに作業に変わってしまいます。

想い続けることは

あなたらしさという

「あり方」

にたどり着きます。

ここまで持っていかないと

なかなか仕事にはたどり着きません。

1日たった10分ですが、されど10分です。

ですので、

あなたのその

「想い」

を抱き続けることで

想いがカタチとなり、

実現できるようになるのです。

千里の道も一歩からというように

その胸に抱いている想いを

実現するために勇気ある一歩を

が大事になってきます。

まずは一歩です。

そして、また一歩。

その一歩を積み重ねることで

あなたの未来は自分らしく

活き活きと輝きてきます!

小さな意識を忘れないで

行動していきましょう!

あなたは作業をしていますか?

それとも仕事をしていますか?

 

2019年も今日が最後となりましたが

みなさん、今年はどんな年でしたでしょうか?

私はいろんなアクシデントをなんとか

乗り越えてきた、という年だったと

思います。

来年は未来への礎となる年にしたいと

思っております。

 

今年もホームページに遊びにきていただき、

ありがとうございました!

1年間のお礼をこのブログで失礼させて

いただきます。

みなさん、良い年をお迎えください。

 

⭐️自分の根っこを見つけて”やりたい”を実現する方法!

1、本当の自分を知るために
2、自分だけが知っている心の内側
3、ワクワクする時が自分らしい時
4、自分が大切にしているものを理解する
5、あなたしかない「自分軸」を手にいれる!

詳細&ご登録はこちらから!

ぜひ、無料の5つのステップメールのワークをやってみてください。

北海道、仙台、群馬、栃木、茨城、長野、神奈川、東京、

埼玉、千葉、岐阜、京都、和歌山、岡山、福岡、長崎、

香川、大阪、愛知、兵庫、福井、新潟、長野、

インドネシア、マレーシア、ニューヨーク、オランダ、

アフリカなど、多方面の方からコーチングのご依頼をいただいております。

ランキングに参加しています。

1クリックしていただけたらすごく嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ

=====================================

⭐️《コーチング受付開始!》

コーチングのお問い合わせ&お申し込みはこちらから!

※コーチングをご検討いただくためのものですので、

相互コーチングやひやかしなどは真剣な方への

ご迷惑になりますのでご遠慮いただいております。

◾️コーチングのお問い合わせはこちらからクリック願います!

◾️アメブロ:本当の魅力の見つけ方!

◾️梶のインスタはこちら!
=====================================